« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月31日 (金)

初お泊り

夫が京都にある会社の宿泊施設を手配してくれ、娘にとって初めての2泊3日の旅行へ行った。車だったので、とりあえず必要そうな荷物を準備していたら、娘の分だけで、すごい量になってしまった(カバン3つにベビーカー、夫曰く「こりゃ殿様の旅行だな」)。オムツも着替えも余分目だし、お風呂グッズ、あやしグッズ、離乳食、食器、哺乳瓶、洗剤とスポンジなどなど、引越しの勢いだ。最初だから仕方ないか。。。
猛暑の京都なので、涼しそうな所をめぐることにした。初日は比叡山。「ロテル・ド・比叡」でランチした後に延暦寺へ。山奥なのに、期待を裏切る暑さ。でも行きがけに見えた琵琶湖の展望や山中のドライブのおかげで、久しぶりにリフレッシュした。
お宿もこじんまりとした料亭のようでいい感じ。娘は、昼も夜も、食事中は静かにしていてくれたので、ゆっくり出来た。問題はお風呂だったのだが、まだ腰が座っていないので、とりあえず脱衣カゴの中にタオルを敷いて入れてみたら、一瞬固まって号泣。しかし夜は2泊とも8時頃すんなり寝てくれて、その後も熟睡。昼間連れ回されて疲れたのと、大人用の布団で広いから寝やすかったのかも。
2日目は、午前は「河井寛次郎記念館」、午後は寺町北側の骨董屋めぐりをして、宿近くの「下鴨神社」を散歩。途中、高島屋の授乳室に立ち寄りついでに、値下げしていた子供服もつい購入。。。
3日目は、貴船の川床「喜らく」へ。本来は涼しすぎて上着が必要なくらいのはずが、今年は不要だった。お料理はイベントものなので、さほど期待してなかったが、結構美味しい。鮎は全く臭みがなく、すっぽんの土瓶蒸しも、だしはコクがあって身は匂いがなく“ザ・コラーゲン”という感じ。娘も爽やかな空気に上機嫌。その後、帰り道途中の「鞍馬寺」へ。本殿へはケーブルカーの後、更に徒歩10分で最後は160段の階段と言われて躊躇したが、せっかくなので頑張って登った。でも、ここもうだるような暑さ。。。恐るべし今年の猛暑。
近場だったけど、今回の旅行で要領も大体わかったので、次はもっとスムーズに段取りが出来るかな?

Simogamo Atama
大好きな肩車で下鴨神社をお散歩。                                                             

                               

  WaaiKawadoko

川のせせらぎが気持ちいい。
今回唯一涼しかった所。

                                

Kama

Kawai_2 「美の巨人たち」を観て、訪れたいと思っていた「河井寛次郎記念館」。普通の住宅の敷地内にある大きな「登り窯」はちょっと驚き。 

Isu

Ningyo_3

可愛らしい民芸調の置物や椅子。

                                        

| | コメント (5)

2007年8月20日 (月)

最近出来る事

InaiBaa

 

             

               

    いない、いない。。。           ばあ!

                              

Mag

Ehon

                 

                  

      ゴクゴク                 フムフム                             

TesuriKaikyaku

                   

  

 

            手すりをキコキコ              両足開脚!

| | コメント (2)

2007年8月16日 (木)

結局マクラーレンか

ベビーカーには、基本として、新生児から乗せる事の出来る「A型」、腰が据わってから使える「B型」がある。うちはどちらでもなく、車のベビーシート(チャイルドシート)にもなる「かご」型のベビーカーを友人からお借りする事が出来たので、最近までそれを使用していた。
これが便利で、赤ちゃんを乗せたまま、かごだけベビーカーからパコッとはずして移動出来るので、レストランでも椅子に置けるし、誰かの家に遊びに行っても、寝ちゃってたらそのまま運びこめるし、使い勝手が良く重宝した。普通のA型よりも高い位置の対面式なので、生後間もない時の赤ちゃんも自分も、近くて安心感もある。
一応1歳頃まで使えるようなのだが、ぶんぶん足を伸ばすと、はみでるようになったので、前向きの景色も見える「B型」を導入することにした。妊娠中は、「B型を買う時は絶対軽いものにしよう」と思っていたのだが、実際赤ちゃんを乗せて外出する様になると、道路のガタガタが意外と気になり、やはり多少重くても安定感を優先することにした。
アップリカのデザイン性や細かい気遣い(背もたれの通気性など)も捨て難かったので、試してみたけど、どうしてもプラスチックのやわい感じが気になってしまう。扱いが乱暴になっていくのは目に見えてるし。。。
となると、がっしりとした輸入物が候補になるのだが、定評のある「マクラーレン」は皆が持ちすぎていて、ちょっとな~、と思い、3週位にわたって週末、夫とあちこち見て周った。子供を実際乗せて押してみたり、たたんでみたりすると、輸入物も似ているようでいて、だいぶ違った。結局、一番取り回しが良く(その場で回転も出来る)、たたんでソコソコ小さくなる「マクラーレン」に落ち着いた。「ひざ裏でシートが切れているのは痛そう」と言う先輩ママの助言もあったので、「マクラーレン」の中でも、少し重量があるが、足先までシートが調整出来、リクライニングも深く倒れる「クエスト」に。今時のベビーカーは種類があり過ぎて、選ぶのに、とにかく疲れた(商業ベースに何だかのせられている感もあり。。。)。

Kids

お借りしているコンビの「ドゥキッズ」。
つつまれ感があるからか、良く寝てくれるのが何より助かった。帰宅途中に寝てしまったら、とりあえず玄関に放置。「今のうち用事済ましとこ」

                                                             

Houchi_2

ニューベビーカーでも、一応寝てくれた。
大体30分で目覚める。

| | コメント (5)

2007年8月13日 (月)

思いどおりには、ならず

Nebana

こんな感じで、やっと寝付いてヤレヤレ。。。
(横向きだけど、まあいいか)                                         

                                                           

                                         

Muku

そーっと、1,2,3,4,5歩。
部屋を出る時ふりむいたら、ええっ?起きてるよ~
イリュージョンか!(やっぱり寝返ったか。。。)  って事も度々。                        

                                   

                                    

Koten

お風呂からあがって、お手入れして、さあミルクをたくさん飲みましょう、って時に、勝手に寝る子。                                                                                                                            

                                        

Kurayami

夜中に目覚めて、こちらをじっと眺める子。
(2時半ですけど。。。)

| | コメント (2)

2007年8月12日 (日)

どっちが好き?

誰に抱っこされても大丈夫だった赤ちゃんも、6ヶ月を過ぎると、そろそろ人見知りの時期。自分にとって大事な人の優先順位をつけるらしい。“大事な人”というのは、つまり“生きていくのに必要な人”なので、世話をしてくれる人=ママ、というのが一般的で、パパもあまり育児のお手伝いをしていないと、人見知りされる。我が家の場合は、パパも割と接する時間も多いので、その心配はなさそうだが、逆に、私の方が順位が下だったらどうしよう、と思うこともしばしば。なぜなら家事をしていると、どうしても少し泣かせたままにすることもあって、そのタイミングで夫が、「あらら~、正義の味方が登場しましたよ~♪」といって抱っこしてしまうのだ。。。娘も“優しくしてくれる人”として認識しているらしく、おっぱいの最中でも(!!)、夫があらわれると、首をのけぞらして目で追って嬉しそうにする。イイとこ持ってくなよ~~。

Hirune2 

甘やかす割には、眠気には勝てず、先に寝る。

「あれ?構ってくれるんじゃないの~??」

                                          

Hirune1_2

               

「しょうがないから、寝ますか。。。」

| | コメント (3)

2007年8月 6日 (月)

いよいよスタート

更新をしばらくさぼってしまったが、生後6ヶ月を迎えた先月、離乳食をスタートした。
あまり早く始めるとアレルギーになると聞いたのと、一旦始めたら後戻り出来ないと思い、ギリギリまで先延ばしにしていた。果汁なども与えてなかったのだが、先輩ママからいただいた離乳食の本を見てみると、いきなり“おかゆ”は厳しい感じがしたので、“おもゆ”から始めることに。“おもゆ”とは、10倍粥の“うわずみ”のこと(知らなかった!)。こんなの味するのか? と味見してみたら、意外と美味しい。残ったおかゆも「ゆかり」をかけて、私の昼食に。。。ヘルシー♪ 娘も何の抵抗も無く、ゴックンしてくれて順調なスタート。
3日間の“おもゆ”の後、いよいよ“おかゆ”に移行。これも抵抗無く、カプカプ食べてくれた。一匙から徐々に増やしていくのが手順らしいのだが、喰らいついてくるので、ついつい多めに与えてしまった。最近はスプーンでなく、食器の方にかみついたり、エプロンにこぼれた分もなめたりしている。野菜スープもお気に入りで作りがいがあるのだが、カボチャのすりつぶしは、一口目を食べて顔をしかめた後は、二度と口を開けてくれなかった。。。おかゆやスープに戻るとうれしそうに食べるので、どさくさにまぎれてカボチャを近づけると、口を真一文字に硬く結んでしまう。ちゃんと分かっててスゴイ!と思いつつ、少し悲しい。。。

Paku

 

| | コメント (2)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »