2007年12月 5日 (水)

ホンポの光景

出産後、一番買い物をしている所といえば、「赤ちゃん本舗」。出産前の準備では「ベビざラス」の方が小奇麗だし、可愛いものが売っているような気がして、そちらにも通ったが、雑多な日用品は、やっぱり「赤ちゃん本舗」が便利だ。オムツやおしりふきを、ワシワシまとめ買いしている人も多い。
よく見かける光景は、パパやバァバが、ママに頼まれて買出しに来て、似たようなものがあったりして携帯で確認している姿。「大きいのと小さいのがあるんだけど~」「違うメーカーのもあるけど、こっちでいいの?」「探したけどないよ~。どの辺にあるの?」等。みんな結構必死で笑える(失礼!)。
先日も、お祖母ちゃんと思われるご婦人が、
「もしもし~体重計な~、あるんやけど高いねん」
(おっ、やってるやってる)
「10g単位で1万6800円で、100g単位だと...」
(高っ!でも産んで1ヵ月目位までって欲しくなっちゃうんだよね~。すぐ要らなくなると思うけど)
「もう人間用のでいいんちゃう?抱っこして量れば、人間用ので」
(おばあちゃん。。。それを言うなら大人用では。。。)
という具合だった。出産前だったり、産まれたてだったり、それ以降の段階も、購入しようとしているもので赤ちゃんの月齢が想像出来て、何となく楽しい。

| | コメント (2)

2007年11月22日 (木)

半信半疑

先週、両手パチパチと、バイバイが出来るようになるという劇的進歩を見せてくれた娘。そして、そして…ソファに寝ながら私のお腹の上に娘をのせて遊ばせていたら、私のしていた琥珀のペンダントをいじりだしたので、「綺麗綺麗ね~」と何の気なしに言ったら、「きでい、きでい…」と言うではないか! ホントかな~と思いつつも感動して「Sariちゃんすごいね~、大好き!」と言うと、「だいす…」と、またもや繰り返す。今度はマジになって、色々言わせようとしたが、それ以降はマネしてくれなくなってしまった。偶然かもしれないが、一応夫にも報告。
そして週末の宮崎帰省でそんな事も忘れていたのだが、その間にもまた成長したのか、帰宅してから、「さーりちゃん!」と呼びかけると、「さいちゃ…」。入浴後に「お手手をふきますよ~」と言ったら、「てて…」。ここまで重なったら、偶然ではないかも! でも何故か、いつも“ささやき声”なんだけど。

Baibai

「バイバイ」と言うと、笑顔で手を振るので、最近はスーパーのレジの方々も大喜び。

| | コメント (2)

2007年11月21日 (水)

南国へ

夫の出身地、宮崎へ行ってきた。娘がまだ小さいので、寒くなる前にと思ったのだが、予想外に寒く、今年は南国という感じではなかった。でもお天気には恵まれたので、短い3日間をフル活動出来た。
初めての飛行機は心配だったが、離陸時の轟音の中、眠りに落ち、起きたら到着。帰りもベルトサインが消えたら離乳食と授乳、終わったらすぐ着陸態勢に入ったので、新幹線の時と比べたら、楽勝だった。
最近、人見知りするようになったのに、娘とは初対面の夫の母が、会うなり抱っこしても泣かず、その後たくさんの親戚に会った時も、ご機嫌続きだったのは、「血」がつながっていることを感じたからか???
しかも、普段は寝付いた後は、テレビの音量も下げて、静か~に過ごしていても、外でバイクの音などすると起きてしまうのに、宮崎では隣室で宴会をしていても熟睡。。。そういえば、京都へ旅行に行った時も、私の実家へ帰省した時も、よく寝てくれたなあ。やはり日中、刺激をもっと与えてあげた方がいいのかな。。。皆が代わるがわる娘の相手をしてくれたので、私もかなり楽でした(T_T) 大家族ってこんな感じ?

Hikouki

あの離陸の騒音の最中に寝付くとは驚き。
胎内にいた時の血流の音に似ているのかも。

                                                  

                                         

Dainoji_2

到着してから、まず離乳食を済ませ、休憩無しで大人の外食、一組目の親戚に会って帰宅するなり爆睡。

| | コメント (3)

2007年11月13日 (火)

二度おいしい?

ここ一ヶ月ほどは、秋晴れのお散歩日和が多かった。娘に夜ぐっすり寝てもらう為にも、せっせと外出しているのだが、先日懐かしい光景を見た。小学校低学年くらいの女の子が、バケツにピンクの花をためて、色水を作っていたのだ。それを目にした瞬間、ぐわっと感覚的に昔に戻ったのだが、これから娘に付き合っていくと、こういう事が多いのだろうなぁと思う。夫も「Sariちゃんと、もう一度人生が味わえるね~」としみじみ(まだ自分の人生は終わってないけど)。運動会もそうだし、折り紙とかリリアンとか、復習みたいなものが出てきたり、「こんなの無かった!」と驚くこともありそう。体力と知力、持つだろうか…? う~ん、気力でカバーだな。

Sanpo

いつも通る道で、気に入っている場所。
右の空き地に咲いている花で、女の子が色水作成をしていた。
奥の細い路地の壁面にもお花がびっしり。

                                                         

Znfzn6sh0040_i_2

きのう、この場所から見事な虹が見えました♪

| | コメント (3)

2007年11月12日 (月)

一難去って。。。

夜中の授乳がなくなり、睡眠不足による頭痛も治まって楽になったはずなのに、今度は離乳食が一日3回になったので、ブログを更新する余裕がない。。。
なるべくフリージングして手を抜こうと思っているのだが、“準備する→食べさせる→おっぱい→後片付け(というより後始末)”で一時間はかかる。3食分のメニューを考えるのも、結構大変。自分達のも含め、一日中食事の事を考えている感じだ。
今は何より“食べさせる”のが一番難儀。まだ自分では食べられないのだが、食器やスプーンに興味しんしんで、すぐつかもうとするので(つかまれたら、ふりまわされて当然中身が飛び散る)、ダミーのスプーンを握らせる。するとそのスプーンをくわえようとするので、それより先に食事をのせたスプーンを素早く口につっこむ。。。と、まるで格闘技のようだ。そして、大好物のメニューの時は、口を開け息を荒くして催促するのに、余裕のある時は、時々茶碗を両手で拒否して、水分を所望する。「え?美味しくなかったの?」と思いきや、また茶碗やおかずのお皿を“視線”で指示。その間も、エプロンの模様や、トレーや、テーブルの木目にも気をとられ、手を伸ばしたり、身体をひねったり。。。
も~早く自分で食べられるようになって欲しい!と思い、まだ先にしようと考えていたおやつを与えてみた。細長い赤ちゃん煎餅を握らせると、不思議そうな顔をして、最初は握ったまま溶けてしまったのだが、1回割って口の中に入れてあげたら、おそるおそる自分でも食べた。よしよし、徐々に握って食べられる食事に移行しよう。。。

Masaki_2

髪がのびてきて、京本正樹?

| | コメント (0)

2007年10月31日 (水)

変な顔&変な格好

  最近よくする鳥みたいな口。なんでだろう?  

Dscf1790Dscf1789  

                                                       

Dscf1787

「オレンジ色のにくいヤツ」の姿勢で熟睡。
身体が痛くなりそう。。。                                                                

                                                          

                                           

一生懸命、観察する時は舌をペロSita2_2ッ。これはお爺ちゃんかSitaらの隔世遺伝らしい。

| | コメント (0)

2007年10月30日 (火)

手作りおもちゃ

手作りといっても、ペットボトルに余りボタンを入れただけなのだが、お友達のをみて、可愛かったのでマネしてみた。しかし、色の地味な服が多いので、暗~い色合いのおもちゃになってしまった。。。後日、ボーネルンドでビーズのパーツを見つけ、それを利用したら、カラフルなのも出来た。娘はどちらでも良かったみたいで、両方ともマラカスのようにブンブン振っている。
おもちゃといえば、どの赤ちゃんもそうなのだが、強烈に触りたがるのは、やっぱり大人がいじっている、「携帯」「リモコン」「新聞」。そして、どれも最後は“食べる”。携帯とリモコンはともかく、新聞はすぐ溶けてしまうので、四方をセロテープでコーティングした娘専用の新聞も作ってあげた。先日スタバへ行った時も、レジにあった絵葉書を娘に与えて読書していたら、いつのまにか、はじが欠けていて、口の中の切れ端も少ししか残ってなかったので、飲み込んでしまったようだ。紙だからいいか。。。

Sin

Pet 

Hon

1ページのはずが、なめすぎて層が分かれ、一部は溶けて無くなった絵本

| | コメント (0)

2007年10月 9日 (火)

いるよ!

最近、私が一番よく使う言葉。それは、「ここにいますよ~~」「いるよ」「いるってば!」。小児科の先生もおっしゃっていたのだが、赤ちゃんは9ヶ月前後でグンと成長するらしい。娘も、私の姿が見えないと、泣くのではなく、「アーッツ!!(どこー?!)」と大声を出して呼びつけるようになった。それから用事がある時も。。。
ベットでまったりしてるかと思ったら「ウアーッツ!」。いってみると、おしゃぶりが床に転げ落ちている。「それか・・・」。取ってくれと言わんばかりに顔をジッと見る。
プレイジムで遊んでいる最中「アッアアーッ!」。見てみると、ジムの柵に足がからまって動けなくなっている。「これか・・・」。私が来た事を確認してから顔をふせて「ヒーン!」
いじっているリモコンを自分で投げ捨てたとたん、「手元に戻せ~!」とばかりに「イエーッ!」 しかも何度も繰り返す。私は、まさに召使い状態だ。つい、チンピラのように「あ゛ー?!」と返事をしてしまう。
笑い方もバリエーションが増えた。おもちゃを触りながら一人で「ケケケ・・・」と笑い声をあげているのは少し不気味だ。
離乳食も食べる量が少ないかも、と思っていたのが、8ヶ月に入ったとたん、いきなりバクバク食べだしたので、焦らなくても時期がくれば勝手に成長するんだな~と実感。3つ食器を並べてみたら、食べたくないものは押しのけ、欲しいものは引き寄せてた。。。
何か、だんだん物事がわかってきた感じがするので、言葉遣いや行動に気をつけないと、後で「しまった!」ってことになりそう。

Sofa

Paku

赤ちゃんというより、幼児という感じになってきた。

                                                

                   

Osuwari_2                    

お座りも、ほぼ完了。                                                                                                                            

Book

ひざに乗せて本を読むと、一緒に手を添えてくる。

| | コメント (0)

2007年10月 2日 (火)

逃亡・・・

夜中の授乳も1回になったとはいえ、細切れの睡眠も200日以上も続くと、さすがに疲労がたまってきた。加えて今夏の猛暑。。。娘の荷物と世話の段取りが面倒そうで、妊娠以来実家へ帰省していなかったのだが、「家事から逃れたい一心」で帰る事にした。車で移動出来た京都旅行とは違い、今回は新幹線。海外旅行用のスーツケース(大)に出来る限り詰め込んで、宅急便で送り、消耗品は初日に買出しに行くことに。
多目的ルームのある11号車の席だったので、子供連れや身体の不自由な方仕様になっていて、エレベーターでホームに上がると目の前が乗車口で、しかも入口が広くなっていた。行きは夫と3人なので、そんなに心配はしていなかったが、途中寝てくれたおかげで、4時間の旅も何事もなく無事到着。しかし、まずは買出しと離乳食作り。トホホ。。。野菜をコトコト煮たスープと、おかゆを炊いてすり鉢でゴーリゴーリして一週間分冷凍。でもこれさえ作っておけば、後は毎日トッピングのみ♪
休養が目的の9日間だったけど、おさんどんの必要もないので、結構いろいろな人に会って、気分転換になった。二子玉川、渋谷、表参道と徐々に足ものばしてみた。驚いたのは渋谷駅にエレベーターが無いこと!半蔵門線だけか? これに懲りて表参道へ行く時は事前に電話で確認。さすがにありました。
心配していたお爺ちゃんお婆ちゃんへの“人見知り”は、後半にはすっかり克服。最後の2日間は、私が姿を消しても笑って遊べるまでに! ここで帰るなんて、あぁ、もったいない。。。

Train

おりこうさんにしてくれて、ありがとう☆
でも帰りは乗車前にお昼寝しちゃって、2時間半キョロキョロ&おしゃべり。。。                                                                                   

   

Dacco

帰る頃には、爺婆に抱っこされても、すっかりご機嫌。                                    

                                          

                                          

Ashi

“場所見知り”で最初は泣いてしまったソファでも、リラックスしてきたら、お得意のポーズ。

| | コメント (3)

2007年9月11日 (火)

お友達作戦

赤ちゃんの寝付かせ方法はいろいろあって、1回上手くいったのに、またはずっとすんなりいっていたのに、突然通用しなくなったりもする。その一つに“寝付く時のお友達をつくる”というのを何かで読んだので、試してみることにした。枕や毛布やぬいぐるみなど何でもいいのだが、寝る時にそれを触らせたり隣においたりすると、「ねんねの時間」という合図になって眠くなる、というパターンをつくる、という事らしい。
旅行にも持っていく事も考えて、ぬいぐるみがいいかな、と思っていたところ、かわいいパペットを見つけた。手触りが、お祝いに頂いた「Little Giraffe」の毛布と同じで、この毛布を娘がいつも気持ち良さそうに触っているので、きっと気に入ってくれるはず。。。
そして、抱っこして、もう少しで寝そう、という段階でベッドにおいてパペットを握らせてみると。。。お~!ニギニギしながら寝ている! 当面使えそうだ~やった、やった☆

2

1

4_3

30

やわらかくて、大人が触っても癒される。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

マタニティ | 育児